FXは難しいし危険?まずは基礎知識・歴史・メリット・デメリットを理解しよう!

FINANCIAL CHECK FX

FXは難しいし危険?まずは基礎知識・歴史・メリット・デメリットを理解しよう!

投資長者を生み出すのと同時に、たくさんのお金を溶かして破産した人も生み出したFX。
多くの人にとっては、投資の中でも難しい・危険な方法だという気持ちが強いのではないでしょうか。

しかし、きちんとFXがどのような仕組みになっているのかを理解すれば、それほど恐ろしいものではないことが分かります。
今回は、外貨を使った投資・FXについて、基礎知識・歴史・メリット・デメリットをご紹介します。

FXについて基本を知ろう

まず、FXがどのようにして儲けを生み出すのか、その構造を理解しましょう。
簡単に言うと、他の国の通貨を売り買いして、その差益で利益を出す仕組みです。

例えば、1ドル100円で米ドルを購入し、その後1ドル110円に値上がりしてから売れば、日本円で10円の利益が出ます。
これが、FXで利益を出す仕組みの基本です。

ルール自体は簡単ですが、通貨という国家がからむ商品を売り買いするため、その値幅や動きを逐一チェックするのは至難の業です。
ちょっとした政府の発表でも価格が乱高下するため、「社会情勢や経済の仕組みに詳しくなければ結果を出すのが難しい」ジャンルというイメージが強いのです。

昔はかんたんに個人投資家が参加できる市場ではなかった

FXは、もともと日本で為替取引と呼ばれており、銀行などの金融機関以外は取り扱いできないルールでした。
よって、個人が参加できる状況ではなく、外貨で差益を得るには事実上「外貨預金」以外に方法がない時代が長く続きました。

しかし、シンガポールのような金融が盛んな国々では、一部個人投資家向けサービスとして提供されており、1998年に日本の法律が改正されてから、FX取引が日本にも輸入されました。

FXの始め方とFXを始める人の特徴

FX取引を行うためには、外国為替証拠金取引を提供する会社(FX会社)で口座を開設しなければなりません。
それから、各会社が用意したシステム・アプリを使って通貨の売買を注文し、自分のタイミングで利益が出るよう取引を続けます。

FXには「レバレッジ」という概念があり、保証金を支払いさえすれば、自分の手持ちの金額以上の額で売買できる仕組みがあります。
この仕組みが、成功者と多くの破産者を生み出しており、ギャンブル性が高い投資という誤解を招きました。

とはいえ、株式のように銘柄・会社について細かく調査する必要がなく、利益・損失の概念も比較的分かりやすいため、限られた資金で大きく稼ごうと考える個人投資家に好まれる傾向があります。
しかし、本当に利益を出している人は、きちんと自分なりのルールを決めて投資と向き合っており、毎月の予算も厳密に決めて取り組んでいるようです。

FX投資を行うメリット

FX取引は、レバレッジを使えば限られた資金で大きな儲けを得ることができます。
また、外貨預金を行うよりも金利差やコストが低いため、中長期的に外貨を保有する目的で行うこともできます。
また、FX取引で預入れした資金は、基本的にペイオフ対象外のため、1,000万円という預金の保護上限を気にせず安心して取引ができます。

FX投資を行うデメリット

FXは、多くのリスクにさらされている投資です。
ちょっとした政治情勢の変化で通貨価値が上下することは珍しくなく、レバレッジをかけている取引で失敗すると、追加で証拠金を支払ったり、最終的にロスカット(強制決済)という方で取引を終えてしまったりする可能性があります。

また、取引通貨が置かれている環境に応じて価値の変動があるため、将来の動向を読みにくい傾向があります。
長期的な投資を考えるのであれば、FX以外の選択肢も想定した方が無難です。

おわりに

FXは、少ない資金で大きな成果を出す可能性がある投資です。
うまくいけば短期間で長者になれるかもしれませんが、結果を出している人の多くは地道な努力を重ねています。

政治・経済情勢の変化によっては、あっという間に損失が膨らむリスクもあります。
自分の距離間で投資に向き合える人以外は、リスクの高い投資方法と言えそうです。

誰でもできる投資方法として人気のFX

近年、手持ち資金を運用する方法として、FXが個人でも気軽にできるようになり、人気が集まっています。

日本円とアメリカドルの組み合わせがFXの売買ではスタンダードなものであり、大勢の人がドル/円の取引をしています。一時的に円が高くなったり、急に低くなったりすると、テレビのニュースになることも珍しくありません。

強い貨幣を高く売り、弱い貨幣を安く買うことで、儲けを確定させることができるFXは、正確には外国為替証拠金取引といいます。

為替のマーケットは、世界のあちこちの市場で取引されていますので、株式と違って1日のうちいつでも取引可能です。為替の動きを予測して、相場の価値が低くなっている時に通貨を買い、相場が高くなった時を見越して高く通貨を買います。米ドルと日本円の相場価値は、常に動いています。ドルの価値が下がった時にドルを買っておき、ドルの価値が上がったらドルを売ります。

FXの方法はわかりやすく、メカニズムの把握自体に困難なことはありません。FXは、少額の資金でリスクの少ない取引もできますが、レバレッジを利用してリターンの大きい取引もできます。レバレッジ10倍でFXを行った場合、儲けも損も10倍になります。手持ちの資金に限りがある人でも、FXなら問題なく開始することができます。今後、為替相場がどのように変動するかを予想して売買を行うことがFXの醍醐味です。これからも、多くの人がチャレンジするでしょう。

FXは投資の初心者でもできる為替取引

外国為替証拠金取引は、略称をFXといいますが、手軽にお金が稼げる方法として多くの人が行っています。最近はFXという投資方法が、ネットや雑誌などで話題に挙げられることが多くなってきています。

FXは、それほど知識がなくても気軽に始めることができる投資の方法として、初心者にも勧めやすいものです。FXなら、開始時の元手がそれほど多くなくても、一通りの取引を実践することができます。FXは、為替相場の変動に合わせた売買をすることで差益を確保する投資方法です。

やり方次第で少額でも大きな利益が出せます。少し操作すればすぐに内容が理解できるくらい、FXの取引は簡単です。FXをする時のハードルは為替相場の変動を予測することですが、それ以外の何も必要ではありません。わかりやすくいえば、中高生でも十分に投資することができる類のものなのです。FXはその手軽さが人気の理由となり、主婦や普通の会社員などが、時間のちょっとした合間に行っています。

リスクを回避するための最低限の心得さえ理解していれば、初心者でも安心してFXを開始することができるでしょう。スマホがあれば随時相場の変動を確認できますし、アプリからの取引が可能なので、その手軽さも人気の理由です。資産を効率的に運用したい人は、少額決済から始めて、まずはFXの大体の要領を掴むところから始めましょう。

FXの為替取引で重視すべき情報とは

今後相場がどう変動するかを推測できるかが、FXの成否の分かれ目といえます。乱暴な言い方をすれば、相場は上がるか、下がるかのどちらかです。とはいえ、確率1/2という考え方はできません。相場の大体の動きが読み取れるようになれば、近い将来の流れはわかるようになるでしょう。でなければFXで差益は得られません。

ファンダメンタルズの流れを知ることがあれば、将来的な相場の動きを、チャート表から読み取ることが可能です。通貨の発行国が経済的にどんな要素を持っているかで、GDPや、経済成長率、失業率などが指針になります。ファンダメンタルズは、今その国がどんな状況にあるかだけでなく、今後どうなっていくかに関わっています。

現在と今後のファンダメンタルズがどうなるかで為替相場も大きく動きます。中長期的な為替の動きを確認するためにも、経済面に関心を持つことは大事です。テクニカル要因は、個人投資家がFXで差益を上げるために、ぜひ実践していただきたい事柄の一つです。これから相場がどう変わっていくかを知る根拠として、チャート表の形状などを分岐して効果を得ています。

チャート表の特徴などから、これからの形を推測するテクニカル指標は、プロもアマも等しく利用するものです。高額資金を持つプロの投資家が、まとまったお金を一気に動かしすぎて相場が乱れるということもあるので、隅々までの予測は大変です。FXの取引で利益を確定させるには、チャート表を読むテクニカル分析や、ファンダメンタルズ分析の知識を持っておくことが大事です。

為替の予測で大きな利益が得られるFX取引

知識がないと為替の予測は困難ですが、ポイントを押さえれば誰でもFXをすることができます。FXの取引で利益を得るためには、為替相場の流れを予測し、タイミングを合わせて売買を行うことがポイントです。専門知識と、トレンドを読み取る感覚を研ぎ澄ますことで、為替の予測が可能になります。ですが、新聞やネットを通して常に最新の経済状況などを把握しておくことによって、為替変動の予測が少しずつできるようになります。

FX取引をする際には、ある程度の基礎知識は必要になりますが、ネットでFXなどの為替取引について学ぶことができます。FXのいいところは、相場の値動きだけにフォーカスして予測や取引ができるという簡便さです。また、株と異なり、初期の投資金額があまり多くなくても開始できます。

社会情勢や、他国の経済情勢など、色々な情報に基づいて吟味をすることが、FXを進めるためには重要になってきます。株価の動きと違って、為替はもっとグローバルな単位で経済の動向を知るだけでいいので、情報の検討がしやすいという利点があります。FXは、初期投資金があまり多くなくても取引を開始することができますが、最初から高額なお金を入れれば利益も拡大します。

ただしハイリターンを期待できる反面、ハイリスクになりがちなので、注意しなければなりません。だれでも経験が無い時には少し敷居が高いかもしれませんが、為替予測がうまくできて儲けが出た時の醍醐味は格別なのです。預金していても一向に利息は増えないご時世では、手持ちの資金を活かすためにFXを始めるのもいい方法でしょう。

為替予測によってFXで儲けを得るためには

最近は、FX取引によって自己資金の増やそうとする人が増加しています。そんなFXで儲けを得るには、相場が上がるか下がるかという為替予測を出来るだけ正確に行う必要があります。しかもきちんと根拠に基づいた為替予測を行わなければ運任せとなってしまうため、利益を確保するのが難しいです。

FXで為替の動きを予測するためには、テクニカル要素と、ファンダメンタルズ要素の双方について知ることが大事です。言い換えれば、ファンダメンダルズとテクニカルズの2つをきちんと理解することで、為替の予測が立てやすくなります。

貨幣経済によって成り立っている国々は、独自の経済指標を持っています。それがファンダメンタルズとして為替に影響します。ファンダメンタルズを読み解くことで、将来的な景気の見込みもわかりますし、貨幣価値が上がるか下がるかの目安になります。為替予測を行う際には、ファンダメンタルズ分析でその国の景気が上昇傾向にあるなら、相場は上昇すると予測できます。

逆に景気の先行きが怪しいなら、下落する可能性が高いという予想になります。個人投資家の中には、ファンダメンダルズよりテクニカル分析を重視して、短期間での売買取引に終始しているという人も、案外と大勢いるようです。テクニカル分析では、過去のチャートの変動から、今後の動き方を予測するというものです。FX取引を成功させめためには、チャート表の特徴を見極めて、直後の値動きを予測することが大事になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました