住宅ローンとは?基礎知識からメリット・デメリットをおさらい

FINANCIAL CHECK ローン

住宅ローンとは

今住宅ローンの金利はどうなっているのでしょうか。住宅ローンとは、住宅を購入するために組むローンのことです。

長期間、かなりの低金利でローンを組むことができるという点からも、オートローンやフリーローンと比較すると住宅ローンの性質は非常に特殊だといえます。新築や増改築の資金融資や、本人や本人の家族が住むための住宅や土地の購入に使うことができるものです。

マンションを単身赴任中のために購入することや、セカンドハウスの購入に当たっては、住宅ローンが組めないということもあります。大きく分けると、住宅ローンは公的融資と民間融資の2種類になります。以前と比較するといささか利用しにくくなった感がありますが、公的融資は年金融資や財形融資などがあるそうです。

公的融資に取って代わるように、民間融資は銀行やノンバンク、保険会社など、様々な金融会社が参入しています。豊富な種類があるからこそ、申し込む金融機関の選び方によって、住宅ローンの金利や返済条件が大きく違ってくるものなのです。

ここ最近は、長期固定金利制のフラット35という住宅ローンが注目されています。また今は住宅ローンを組むにはとても条件のいい時期だといいます。まれにみる低金利時代の到来により、金利が非常に低く抑えられているのです。2007年10月段階でわずかに上昇して4%台になったとはいえ、バブル期の8%、バブル以後の6%の時代と比べるとまだまだ低金利です。金利の低い今、住宅ローンは今が借り時といわれているのです。

住宅ローンの審査とは

住宅を購入するときに、貯蓄だけを使って購入する人はそうはいないでしょう。住宅ローンの融資を受ける人が多いことも、そのことを物語っています。住宅ローンを扱っているのは、銀行や信用金庫、住宅金融専門機関、保険会社などで、家の購入やリフォームにかかる費用にあてるためのローンを組むことができます。

一般的には、民間金融機関が扱っている住宅金融のことですが、住宅ローンという名称は住宅金融支援機構などの公的機関のローンも含みます。新しく家を買い入れる場合や、家を作る場合や改築したい時に組むローンがこういった住宅ローンです。

住宅ローンを組むには審査を受けなくてはなりません。各キャッシング会社によって審査の内容は差がありますが、いずれの場合も、顧客にとっては貸し付け条件が難しいものが多いようです。住宅ローンの審査が通らなかった場合、住宅ローンは組めません。

金銭を必要としていても、審査に合格しなければ貸してもらえません。資金を調達することができない限りは、新居の計画もリフォームも、ただの夢物語でしかありません。住宅の購入や新築にローンによる資金調達を予定していた人は、融資を断られれば計画が狂って話が頓挫してしまいます。ローンを利用するために必要な審査は、キャッシング会社サイドにとっても顧客サイドにとっても、間違いがあってはならない大事なものなのです。

住宅ローンの審査内容

住宅ローンを利用するには、その会社の審査を受ける必要があります。本気で住宅ローンについて検討したことがあるならば、審査についてわかっているでしょう。でも、そうではない人は知らないことが多いのではないでしょうか。

ローン会社によって住宅ローンの審査がどのように行われるかには差がありますが、基本的には大体似たような要領で審査が行われているようです。審査される点は、借り入れ時の年齢、完済するまでの年齢、定期的な収入があるか。勤務先、仕事内容、雇用形態、勤続年数、年収、預金などの資産状況、借り入れ状況、健康状態、社会保険などの加入状況などです。

金融会社がローンに際して審査を行うのは、申込者が完済能力があるかを確認することで、貸付金の回収率をできるだけ上げたいというものからです。誰だって、貸したお金を返してもらえないのは困ります。確実に住宅ローンの返済ができるか否か、審査をするのです。

貸したお金を返せる客であると示すには、会社で設定してある審査基準をクリアしなければならず、クリアすると住宅ローンが組めます。審査をして、融資を行っても完済はできなさそうだと判断された場合、その会社からの住宅ローンは使えないという結論になります。

審査で落ちてしまえば、住宅ローン融資はその会社のものは使えません。その会社が設定している審査項目の中のどれかの部分が基準に満たなかったために、審査が通らなかったということです。

住宅ローンの審査が通る条件

住宅ローン会社の審査が通らずその会社の住宅ローンが利用できなかったとしても、今後一切の住宅ローンが使えないということではありません。もしも、ひとつの審査が通らなかったという場合でも、異なる住宅ローンの会社に申し込めばその審査は通過するということは珍しくありません。

その会社がどういった点を重視するかでも、審査の内容は変わります。住宅ローンを取り扱っている金融機関は1箇所ではありませんから、1社から断られても次の会社に審査を申込み、住宅ローンを組みましょう。貸し付け側によって審査基準に違いがあるので、審査に通る可能性は十分にあるでしょう。

マイホームの夢を胸に抱いて将来設計をしているという人は少なくはないようです。そのときの住宅ローンのことを考えるのであれば、無駄な借金は作らないようにしましょう。貸し付けた元本に利子をつけてきちんと返済できる客にお金を貸さなければ会社側も経営が成り立ちませんから、審査は必須です。カードを使ってローンを組むような購買行動は、電化製品や装飾品など、そこそこ多いようです。

他のローンが完済してあるか、今うけている融資はないかも、住宅ローン審査では問われます。場合によっては、車のローンや教育費のローンなどは、組んでいても構わないと見なされるようなものもあります。ですが、その他に何社からもローンを作っているようならば、いつの間にか他社借入件数や返済履歴が住宅ローン審査時に抵触してしまうことがあります。

住宅ローンはできるだけ低金利で

低金利なローンをできるだけ選択したいと、誰もが住宅ローンを組む時には考えるでしょう。あまり、貯蓄だけで住宅を建てたり買ったりするときに満額を揃えられる人は、いないでしょう。ほとんどの人が住宅ローンを組んで返済していくことになると思われます。

一般的に住宅ローンというのは、家を建てたり買ったり、また、家をリフォームしたりするためローンであり、始めて審査に通って組むことのできるローンなのです。審査に通らないと、貸付側の条件どんなに良くても、住宅ローンを組むことはできないのです。

借りる側は貸付側の審査基準をクリアできるならと闇雲になって住宅ローンが組めるところを、一度、審査に落ちてしまったりすると探してしまうことがあるでしょう。けれど、そんなときは落ち着いてもう一度考えましょう。もちろん住宅ローンもそうですが、どんなローンでも金利が発生するのです。

金利はローンを組む人は、出来るだけ低金利であるところを利用するようにしましょう。とりわけ、借り入れる金額が住宅ローンのように高額であるのなら、絶対条件としてはできるだけ低金利であることだといえるのではないでしょうか。

いくら返済していても、利息ばかりを返済しているような状況に、低金利な住宅ローンでないとなってしまうかもしれません。もし低金利の住宅ローンの審査に通らなかった場合は、少し時間を置いても良いと、審査に通る条件を満たせるようになるまで思えるぐらい、重要なのが低金利であることではないでしょうか。

住宅ローンの返済プラン

住宅とは恐らく、一生のうちで最も大きな買い物になりますので、住宅ローンの返済は、普通は何十年も続く大事業だといえるでしょう。金利はもちろんですが、住宅ローンの返済では先々どのようにローンを返していくかという計画が重要です。

ライフイベント表を作り、はじめに今後の人生で起きるイベントを年ごとに書き出してみてはどうでしょうか。返済計画は、それを書き出してから、住宅ローンを返済していくペースに基づいて考えることが大切なのです。住宅ローンの返済をスムーズにするには、金利から生じる利息を減らすことを考えましょう。低金利の住宅ローンにし、頭金を多くし、返済期間を短くし、繰り上げ返済を積極的に行うことによって、利息を減らす工夫ができます。

金利に関係なく、金利を減らす工夫で利息額を減少させることは可能ですが、返済する時点での家庭の貯蓄はかなり減ってしまう方法でしょう。金利に比して利息を減らすためにも、返済を早く終わらせるためにも、計画的に住宅ローンの繰り上げ返済をすることを視野にいれておくのは重要なことです。

繰り上げ返済は返済期間を短縮するタイプと、返済額を増やすタイプがあります。実際の繰上げ返済の手続きには手数料がかかりますから、手続きはある程度まとめてした方がいいでしょう。いくら住宅ローンの金利を減らすとはいっても、それだけ家計に負担となってのしかかるのが繰り上げ返済です。

不安定な景気が続く状態においては、いくぶんは手持ちの資金を残しておく方が、住宅ローンの金利を減らしたいとはいっても賢い方法ではないでしょうか。

住宅ローンの変動金利と固定金利

実際に住宅ローンを組む場合には、固定金利にするか変動金利にするかを選択することになります。一長一短がありますので、どちらが優れているかではありません。住宅ローンの金利のタイプを、長所や短所を把握した上で、自分で決めることが大切なのです。

固定金利とは、住宅ローンを借り入れた時に将来の金利を一定に決めてしまうことです。固定金利の方が得をするのは、先の金利が上昇傾向にある場合でしょう。過去においては、2年間の固定金利制などの最初のうちの短期間の固定金利が大半だったといいます。

35年間の固定金利など、住宅ローンを長期間の固定金利で利用できる金融商品も、最近では見られるようになりました。返済額が安定するので、将来の見通しを立てやすいという利点があります。金利が利息を支払う度に変わっていくのが、変動金利というものです。金利は、日本での変動金利の計算基準によって決まり、自由に銀行が数字にを決めているわけではありません。

変動金利は半年に一度見直されますが、返済額は5年間一定です。市場の影響を受けやすい方法ですが、一般的には変動金利型の住宅ローンの方が低金利に設定されています。返済がそれほど長期にならない人や、金利の動向にいつも注意を向けていられる人には向いている住宅ローンだといえるでしょう。

住宅ローンを組むときに必要となる担保について

新しく家や土地を買う時にはまとまったお金がいるため、資金を調達するための手段として住宅ローン融資を受ける人が多いようです。購入する家の価格や、現時点で資金をどれだけ持っているかによっては即金での支払いも可能ですが、大抵の人は住宅ローンを利用します。

多くの場合は、住宅ローン融資を受けるに際して、不動産を担保にします。ローンを組む時に担保を設定しておくことで、もしも返済ができなくなったら、金融会社は担保を返済に使うことができます。ローンの残高に相当する価値があるものが担保になります。担保は内容により人的担保か、物的担保に分けられます。人的担保は、連帯債務者、あるいは連帯保証人と呼ばれます。

もともとの債務者が返済できなくなった時に、人的担保に当たる人物が返済を肩代わりします。人的担保になる人がどういう人であるべきかは、金融機関や、ローンの条件によっても異なります。住宅ローン融資を受ける時には、連帯保証人になってくれる人を探しておく必要があります。連帯保証人になる人は、ローンの返済に対して責任が発生しますので、事前にきちんと事情を話しておくことか大事になります。

もう一方の物的担保とは、土地や建物などの価値ある資産になります。場合によっては国債や株券といった証券も担保になりえますが、基本的には、物的担保といえば不動産です。大抵の場合、住宅ローンでは購入する物件を担保にします。資産価値がはっきりしていますので、それ以上の担保はなくても大丈夫です。住宅ローンは、金利や返済だけでなく、担保も重要な部分になりますので、不動産を購入するに当たっては、事前準備をしっかり行いましょう。

住宅ローンを組んでお金を借りる時に必要となる担保

住宅ローンは、人生で最も高額な買い物と言われる住まいを購入する時に、利用する金融サービスです。いつかはマイホームを持ちたいと思う人は多くいるでしょうが、実際に住宅を購入するとなると大きな決断が必要です。

家の規模や立地によってその金額に違いはありますが、家を一軒買うとなると、大きな買い物になります。いずれ家が欲しいと、コツコツと貯金を増やしていた場合でも、そのお金を頭金にして住宅ローンを組む人が少なくありません。もしも住宅ローンを組みたいなら、担保を用意しなけれはなりません。担保には、物的担保と、人的担保があります。

物的担保では、土地や建物などの資産を担保にすることです。人的担保は、連帯保証人や、連帯債務者ともいいます。債務者が、ローンの返済ができなくなった時に、返済を肩代わりする人です。保証人にも段階があって、一番返済義務が強いのは連帯債務者で、その次に連帯保証人、一番義務が弱いのが保証人となります。

人的担保となる人は、どんな人でもOKということではありません。金融機関によって差はありますが、条件が設定されています。人的担保になる人が、そもそもローンを返済することができないような人なら、担保にはなりえます。

相手との関係性によっては、連帯保証人になることを断られる可能性もありますので、よく話し合うことが重要です。連帯保証人になる人にとっては、住宅ローンの人的担保になることで得られるメリットがなければ、返済責任を負うリスクのほうが大きいこともあります。

住宅ローンのつなぎ融資とは

ローンを組む上でつなぎ融資は意外と重要です。住宅ローンは、ローン契約を取り交わした時点ですぐに借りられるわけではなく、実際に借りることができるまで少々時間が必要です。住宅購入のためにすぐにも必要な資金を借りようとしているにも関わらず、数日から数十日もの時間がかかることがあるのです。

このように、住宅ローンの融資が実行されるまでには時間がかかるわけですが、その期間一時的に資金を調達するために行うのがつなぎ融資です。つなぎ融資で受けたお金で住宅購入のための手付け金や建築の着手金を支払い、住宅ローンを受けてから、つなぎ融資で借りたお金を返済する仕組みです。土地を登記するための手付け金として、つなぎ融資で借りたお金を使います。

金融機関から住宅ローンを借りるには担保が必要で、それには登記の完了した土地をあてるのが一般的です。この住宅ローンで融資を受けてから、つなぎ融資を返済します。住宅ローンでも契約書を交わし、金利を支払うわけですが、つなぎ融資を受けるためにはそれとは別の契約書や手続き、金利が必要になってきます。

このため、新築の物件に関しては、「代理受領」というやりかた(不動産会社が銀行からの融資を直接受け取る代わりに、代金を支払う前に登記を認めること)をしてくれる不動産会社も存在します。不動産会社による代理受領ができるかどうかは不動産会社ごとに異なります。自己資金を投入するのか、それともつなぎ融資を利用するのか、土地と家を購入する時にはよく検討して住宅ローンを利用する必要があります。

住宅ローンのつなぎ融資の費用

つなぎ融資は銀行からの住宅ローン融資が始まるまで借りるわけですが、当然借り入れた期間の分だけ金利を支払わなければなりません。つなぎ融資は、その性格上借り入れの期間が短期間になるものの、ある程度まとまった金額を即座に必要とする人が対象となっているため、金利が高い傾向があります。

その他に借り入れのための印紙代や振り込み手数料、印鑑証明や住民票の発行にかかる経費などが発生します。つなぎ融資を受けるためには、こうした諸々の費用が申請経費として必要になってくるのです。あれこれ加算していくと、住宅を持つための資金は予想外に増えていくので、余裕のある計画にしておきましょう。

借入額によっても異なりますが、つなぎ融資の申請にかかる印紙額は数万円かかることがあります。つなぎ融資の金利が年利2.4%だった場合、仮に融資額4,000万円とすると1日につき約2,630円の金利が必要になります。15日間かりたとすると、金利として支払う額は4万円弱になってしまうのです。こうした利息にもさらに印紙代がかかることになるので、つなぎ融資にはおおよそ5万円ほどの出費がかかってしまいます。最終的に、11~14万円ほどの経費が、お金を借り、そして返すために必要となるわけです。

今ではフラット35という住宅ローンを利用することが多くなってきていますが、フラット35は融資の開始日が月によって何日と定められています。つまり、住宅ローンを申し込んだタイミングによっては、つなぎ融資がどうしても必要となってくるので、借入金額や返済期日を含めて資金計画を立てておく必要があります。

住宅ローン借り換えをする時

借り換えを住宅ローンで検討している人は少なからずいます。住宅ローンの借り換えで返済総額が下がるか検討したことはありますか。住宅ローンを取り巻く環境は、今もなお絶えず変わっています。そんなさなか、ずっと同じものを使うことはありません。

ゼロ金利政策が解除され金利が復活した為、住宅ローンの金利もじわじわと上昇傾向にあります。住宅ローンを組んだ時には、低金利に惹かれて短期固定や変動金利で住宅ローンを組んだ人も多いことでしょう。今後は金利動向に注意が必要です。

景況感の悪化が叫ばれるさなか、住宅ローンの借り換えで月々の返済額を減額することができれば、家計応援の重要な効果をもたらすこともあります。8割り以上の客が満足しているという優良な住宅ローンもあります。預金に少しでも多くのお金を回ため、家計を取り回しやすくするために、住宅ローンの借り換えを利用して毎月の負担を軽くしてください。

住宅ローンの借り換えが、ライフスタイルの改善につながった人もいます。住宅ローンの借り換えで節約できたお金を預金にすることも出来ます。借り換えで返済総額が減ったことにより、リフォームやマイカー資金に回せたり、老後の資金が作れたりと色々と幅が広がります。

借り換えによって住宅ローンが楽になることは、景況感が底ばいな現代では重大な意義を持つでしょう。あなたも早速、住宅ローン借り換えを検討してみませんか。

住宅ローン借り換えのメリットについて

返済途中で借り換えをすることで住宅ローンの負担を軽減しようとする方がいます。借り換えが決まった時に、住宅ローンの完済までの金額がわかります。金利が変動しない住宅ローンなら、借り換えによって有利になるかもしれません。

通常、2500万円を30年間借入する住宅ローンを組む際には50万円程度の保証料がかかります。ただし、住宅ローンの中にはそもそも保証料無料のものや繰り上げ返済で手数料が無料になるものもあります。いずれかの金融機関から住宅ローンを借り換えることによって基準金利が1%少なくなるというものもあります。預金残高を増やすことによって、その銀行から利用している住宅ローンの利息を減らせるという仕組みの住宅ローンも存在します。

住宅ローンのサービスは様々で、返済休暇や固定金利姓選択での手数料の減額ができるものもあります。固定金利と変動金利の組み合わせにより、バランスのとれた返済が可能になる融通性のあるローンは、利用しやすい借り換え住宅ローンといえます。

たとえ派遣や契約社員でも住宅ローンが使えるよう、最近は2年以上の安定収入があるなら正社員でなくても使える住宅ローンも存在します。全国の物件で利用出来て、24時間インターネットで借り換えの相談を申込み出来たり、店頭での個別相談や住宅ローンセミナーの利用が出来るものなどもあります。借り換えは賢く活用するとお得になるサービスがたくさんありますので、住宅ローンについてよく調べてみるといいでしょう。

住宅ローンの借り換え金利

借り換えは住宅ローンにどのくらい必要なのでしょう。年々金利が上がっているのなら、住宅ローンは固定金利制が有利だろうと思っている人は少なくないようです。景気の先行きが不透明な昨今、金利上昇に伴って住宅ローンの負担が増すのは避けたいという考えは無理もありません。

完済までにかかる金額を考えた場合、現状の金利が続けば固定金利は変動金利より高額になるよう設定されています。ただし固定金利では金利上昇の影響は受けません。住宅ローンは、借り始めてすぐに前倒しで返済しても、総返済額の減額には思うほど直結しないようです。

自分の家を購入することはライフステージ中での大事業ですから、多くの人が熱を入れて吟味する傾向があります。けれども、住宅ローンの条件に関しては家を建てる時ほど熱を入れず業者の言うままという方がいます。ライフステージの中でも重要なイベントになるのですから、住宅ローンについても妥協せずよく調べてみましょう。

住宅ローンを400万円安くすることとと、住宅価格を400万円安くすることは、一見すると似ていますが、ローンを減らす方ができそうなことです。返済のスタイルも各住宅ローンによって色々です。借り換えの時にそれらを意識することで、毎月の返済負担を軽くすることもできます。

現在借り入れ中の住宅ローンが借り換えで軽減負担できるかどうかは、金融機関の無料相談などで確認することができます。借り換え後にお得な返済ができるかどうかは、住宅ローンの借り換えを扱うインターネットのサイトで試算することも可能です。上手に活用しましょう。

住宅購入融資における審査

住宅購入融資における審査について。人生の中で、一番大きく大事な買い物と言ったら、住宅を購入することではないでしょうか。人によって、買おうとする家は様々ですし、予算も人によってかなり違います。家の立地や周辺環境、土地の価格など条件も色々ですが、手持ち資金以上の買い物になる人が大多数でしょう。住宅購入専用の融資が銀行などにあるのも、その表れではないでしょうか。

ローンの申し込みをし、審査に通ると初めて融資を受けることはできます。金額の大小にかかわらず、これは変わりません。どのような事情の人であれ、住宅購入の融資を受けるためには会社側の審査をパスすることが求められます。

審査結果がよくないものならば、住宅ローン融資は絶対に下りないのです。ローンを希望する金額はどのくらいか、購入する物件はどのようなものか、年収や勤務形態はどうかといった箇所が審査のために確認され、性別や年齢などの個人情報と合わせて見極められます。

この審査に通れば融資を受けることができます。申し込みに問題がなくとも審査基準を満たしていなければ融資は受けられません。この時、審査に通らなかった理由は公表されません。住まいを購入するという大事業に取りかかるためには、住宅ローンの融資をしてくれる会社を見つけなければなりません。家を買うためにお金を貸してもらわなければならないのなら、少しでも審査に通りやすくなるよう申し込み時に工夫をしておいた方がいいでしょう。

住宅ローンなどで見られる親子ローンの特徴について

事前情報がなくても、親子ローンと聞けば、何となくどんなローンか連想がつくのではないでしょうか。親子ローンでは、親子関係にある2人がローンの返済を共同で行うもので、住宅ローンの返済などでよく使われます。

親子ローンでお金を借りるという人は、どういう事情を抱えている人が多いでしょう。親密な親子といっても、ローンが絡めば妥協がきかないという話も珍しくはありません。2人分の返済能力でローンの返済を行えることが、親子ローンを利用する際の利点です。銀行側からすれば、2人分の返済能力を前提にして、融資の条件を設定することができるわけです。

まとまった金額を借りたいけれど、自分1人では返済能力が足りない場合は、親子ローンが重宝します。何らかの問題が起きて、親子の一方が返済が難しくなった場合でも、もう一方が返済をすることになりますので、金融会社としてもメリットになります。

親子ともに多重債務状態にあるなど、返済能力に不安がある場合は金融会社の審査の段階で、融資を断られることもありますので、注意が必要になります。親子のどちらかが亡くなってしまったら、残ったほうが残りを全額返済することになります。

子供の病気による死亡などの問題が起きた時も、親が残りを支払うという形になります。何らかの事情があって返済が難しくなり、自己破産の手続きを行う時も親子揃って行くことになります。

住宅ローン選びには比較サイトの利用が大変便利

住宅ローンを選ぶ際には簡単に比較検討できる比較サイトを利用すると便利です。新しく家や土地を購入したり、リフォームや増改築をする時には大きなお金を動かすことになりますが、その時に住宅ローンを使う人は多いようです。

住宅ローンは通常、他の融資商品よりもはるかに金利が低いのでとても利用しやすいです。だいたい35年ローンで住宅ローンを組み返済して行くことになるのでそれほど家計の負担になる心配もありません。融資の条件を考えれば、結構借りやすいローンであるといえます。

住宅ローンの借入先は、銀行、信販会社、住宅金融公庫など、色々な金融機関があります。このなかからニーズにぴったり合った住宅ローンを選ぶ際には、一箇所だけでなく必ず複数の融資先を比較検討することがとても重要なのです。それぞれの条件を比較しければ、どこが自分にとって望ましい住宅ローンかわかりません。

住宅ローンには金利固定型と金利変動型があるので、どちらが良いかについても人それぞれですので、しっかり熟考することをおすすめします。住宅ローンを比較するサイトはネットで検索するといくつもヒットするので、住宅ローン選びに困った時にはまずこの比較サイトを活用してみましょう。

数多くの住宅ローンの中から、自分の希望に合致するものを探すために、金利の幅や限度額、返済中に繰り上げることはできるかどうかなどで、検索をかけることもできます。住宅ローンを選ぶ時には、納得のいく借り方ができるように、各社の条件をきちんと見極めて、使いやすいところを探しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました